ピアニスト・タカの脱線CD評

FLAT122キーボードとして活躍・ピアニスト・タカ音楽評

今これを書く理由 / Beatles「Let It Be」

小6、その時の僕の衝撃とは、、? 東日本大震災でやられてしまった郷里・岩手県鵜住居地区。そこが実家の在るところです。鵜住居地区から小さな峠を超えると小さな漁師町に入ります。両石町に入って左側の坂を上がった付根付近。そこが母方の実家が在ったと…

"異端児" テリー・ライリーをご存知?

ミニマルミュージックの第一人者ではあるが、、。 "ではあるが、、。"と書いたのは、テリー・ライリーが他のミニマルミュージック作曲家の中にあって少し離れた所に佇んでいるイメージが(自分だけかも知れませんが)在るからです。活動の幅の広さ、また即興…

ミニマルミュージックの第一人者ではあるが、、。

PUPA/良薬なのに口に苦くない!

気軽に聴けて飽きの来ない良質J-POP 手垢が思いっきりくっ付いたような、いまひとつな小見出しだが、1Lで形容すればこんなところだろうか。会社の同僚Mさんは、いつも僕にCDを強制的に?貸してくれる音楽ファンだが、彼が貸してくれたCDの中では間違いなく上…

これを個性と言う/ゲルニカ・改造への躍動(拡大版)

戸川純というなら、、僕の場合「玉姫様」よりはこちら? 最近、喉に小骨が刺さったように(この表現をネットで調べようとすると恐い病気の話ばかりとなる、、笑)忘れられたバンドとその展開された世界。それが一体何だったのか?遅い夕食(肉じゃが+ツミレ…

摩天楼サウンド/マイケル・ブレッカー+クラウス・オーガーマン

こう言う音楽って売れないのだろうけれど、、。 悔しいなぁ、と思うのです。結婚前にレコードで聴いているからおそらく28年くらい前に耳にしていると思う。今聴いても、全く古い感じがしない。むしろ新鮮に思うくらいだ。大体、こういったアプローチのアルバ…

吉田美奈子/長く身近にある「声」

ヴォーカルアルバムでは珍しいイメージの押し出し 「ヴォーカリストで誰かイイ人いない?」と聞かれたら迷わず吉田美奈子が反射的に出て来る。音大時代、クラシック音楽をやっていくことに反発していた頃に聴いたのが最初。陽のあたらない四畳半にアップライ…

大貫妙子「ROMANTIQUE」/「雨の夜明け」が、、。

品のある旋律、そして「声」 荒井由美のミスリムが、今もって国産ポップスでは名盤としたい。しかし名盤も数聴いていては悲しいかな飽きてしまう。そんな時、遜色無く、でいながら世界の違うヴォーカルは居ないのだろうか?となるのだけれど、尾崎亜美ですと…

電話の向こう彼女の声は明るかった!/浅川マキ

無くなられて時間が経つけれど逆に存在感が、、。 思い出深い人です。若い頃(20歳を少し超えた頃)の自分は向こう見ずというのか、厚顔無恥の針がメーターを飛び出しており、思い出すと布団に潜ってしまいたくなるようなことばかりして来ました。著名なアー…

モーツァルト後期交響曲集/カールベーム+BPO

ベームの演奏が当り前になっていた。 これはモーツァルトに関して、ということです。僕はもしかするとモーツァルトの交響曲に関してはベームで上がり!という気がしないでもない。先ほど久しぶりに聴くと以前聴いた時よりもその安心感というのか、腑に落ちる…

ハービーハンコック/芸風のデカさに頭が下がります。

フュージョンの辿り着いた楽園。 このページの音楽評はハービーハンコック/MR.ハンズとなります。「チックコリア評を2作品取り上げておいて、ハービーハンコックを取り上げないというのは片手落ちじゃないの?」と言われそうです。慌て加減で選びましたアル…

チックコリアのバンド『RTF』/浪漫の騎士

懐かしいだけではない!現在進行形として聴くべき? チックコリアのバンド、あまりにも有名なRTF(リターン・トゥ・フォーエヴァー)の代表作となる。またこのアルバムを最も良い出来と評するファンもまた多い。いつもズレている僕の「現在最も聴いているア…

ジャズの可能性・メセニーGP/OFFRAMP

演奏がイメージと結合している。 このアルバムを聴いたのは、貸レコード屋さんが乱立していた頃で、まだ練馬の江古田に居た時分であるから、随分前のことになる。当時持っていたオンキョーのアンプと中古で見つけて来たマイクロのプレーヤー、そしてこれまた…

チョン・キョンファを聴く今年後半か?

確かにバイオリンと同化しているらしい、、! これ完全に白紙から書き直しです。何回か聴いた今現在の感じ方で文を書いた方が良いでしょう。昔の思い出と混濁して美化するのはCD評としては失格でしょう。ということで、本アルバムを聴いて、まず最も聴ける演…

仮面ライダー555 / 10年以上前、確かに存在した傑作

ライダーの歴史で希にみる傑作555のリプロダクト 節操なしもここまで来ると良い線行っているだろうか?遂に小生のサイトにも仮面ライダー登場です。「トーッッッッ!!!!」僕は年寄りですから何と言ってもあの一時CMでも大活躍していたショッカーの時代、…

フルートに俄然興味が行く / パユのモーツァルト

モーツァルト・フルート作品では頂点かも知れない!! 木管楽器の主役、フルート。4リズムと言われるベース、ドラム、ギター(そして我が鍵盤)は別として、このフルートほどご縁のあった楽器もないです。18歳で上京、一浪して音大を目指すことになった僕は…

串カツではない新世界!/ オケの達人・ドボルザーク

クラシックを聴かないアーティストは底が浅い? あまりにベタシリーズというわけだ。今回はそのベタの中でも特別にベタな新世界を取り上げる。指揮者・オーケストラはクラシックファンであれば、滅茶苦茶に拘るが、僕はとりあえず今回、若干外しつつもある程…

忘れられた邦画のようだ / カルメンマキ&OZ・1st

国産では荒井由美と並んで未だ現在進行形 このアルバムを聴いた回数を数えておけば良かった。というくらいに聴いた作品となります。夕暮れ時、よくウォーキングしておりますが、そのお伴に流しております。本当は夕暮れの景色にはECMのギタートリオが完全に…

ディシプリン、これが "宮殿" と同じバンドなの?

つまりは違うバンドになったと。変化幅数キロにおよぶか? やれやれ御大と言われるわけです。本作がリリースされた時点では、拒否反応を示した音楽ファンも多かったと聞きます。そのリセット具合、その断層の深さが半端ではない。メンバーのキャラによるとこ…

Ben monder / ヤコブ・ブロかと思った、、、!

Ben Monderはアメリカ合衆国のギタリストです。 少し前から気になっていたので購入してみました!ふーむ、、これは長く聴くことになりそうです。1曲目がギターソロなのですが、驚きました。音質、音使い、全体を覆う浮遊感がヤコブ・ブロそっくりなのでジャ…

Mats & Morgan / 北欧を代表する変態ユニット

凄過ぎて、そろそろ隠居するか?という気分になってしまう。 ということで、かつて自己顕示欲の針が振り切れてメーターから飛び出していた僕でしたが、情けない有様なのであります。世界は広く深い。様々な化け物がウヨウヨしているのでした。ただの手数王で…

いぶし銀的な存在「マジカル・ミステリー・ツアー」

作品力で勝負ならビートルズの中でもベスト3に入るか? アルバムが単に良き作品の集合体であるというなら、このアルバムは間違いなくビートルズの中にあっても上位にランクされると僕は思う。ポールの作品に偏っているものの、例えばビートルズ全体の作品群…

やはりグールドでしょう「バッハ・パルティータ」

音大2年生時、課題で弾いた4番は今も心から離れない。 パルティータの魅力に気が付いたのは、もしかすると最近なのかも知れない。バッハは他の作曲家とは異なり、敷居の高さ、敷居の種類?が違うという気がする。その中でもこのパルティータは聴いて難解とい…

天才のごった煮/Beatles「ホワイトアルバム」

良き作品ほどレコードで聴きたくなる。 ビートルズファンなら誰でも知っているアルバムです。僕にも高校生の息子がおりますので感じるところですが、昨今の中高生は(僕の時代と比較すると)あまり洋楽を聴かないです。「最近面白い音楽ないんだよね!」と嘆…

"作曲家" チック・コリア / 妖精

チックコリアの中では最も好きな作品 世代、聴かれるタイミングによって評価が分かれるのかも知れない。音楽ファンのコメントを拝見しますと、チックコリア御大であっても、評価が分かれるのですね。それはそれで、面白いなぁ、、と思いますけれど。評価が分…

ELP「タルカス」/いつも心に置いておきたい

キース・エマーソン亡きこの世! キース・エマーソンもグレグ・レイクも故人であることが未だ信じられない自分です。僕が「ELP」に初めて触れたのは高校時代、1stアルバムだった。その後、彼らとしては少し地味な存在とも言える3作目の「トリロジー」(内容…

うーん、、、ケイトブッシュの今「50 Words for Snow」

ケイト・ブッシュ新作果たして? 執念深く聴き続けております。若干印象が変ってまいりました。ですのでこの記事を修正、加筆したいと思います。加筆したところは、赤字にて表示します。 ケイト・ブッシュの好物は「マンゴー」です。 今も変わってなければ。…

クセナキスは"クセ"になるか?/プレイヤード

打楽器のアルバムであるが先行したイメージは持たない方が良いかも知れない。 ヤニス・クセナキスはルーマニア生まれ、ギリシャ系フランス人の作曲家。 僕はこのクセナキスほど、ハードルの高い作曲は居ない。 この作曲家と比較すれば、メシアンも、武満徹も…

音は一旦外に出すべき?/JBL・Pebbles

今日は、少し寄り道です。 オーディオの中で音楽に最も近い存在であろうスピーカー。 そして、JBLって言ったらあなた、、、!!! 本日届いたスピーカがコレ。JBLのUSBスピーカ「Pebbles」 昨晩、早速接続して音を出してみました。 昨今、音楽ファンの殆どが…

頭ひとつ?/YESと言えば、、!

YES/こわれもの(Fragile) 頭ひとつ?何それ? 先に「危機」の記事をアップしたわけです。そのイエスの代表作と言えばこの「こわれもの」と合わせた2枚というのがベタなわけですね。 「リレイヤー」ってのが同業者では多いです。大昔から。 鍵盤技術者では…