オススメ・アルバム

〈 g e n r e 〉

現代音楽

クセナキスは"クセ"になるか?/プレイヤード

打楽器のアルバムであるが先行したイメージは持たない方が良いかも知れない。 ヤニス・クセナキスはルーマニア生まれ、ギリシャ系フランス人の作曲家。 僕はこのクセナキスほど、ハードルの高い作曲は居ない。 この作曲家と比較すれば、メシアンも、武満徹も…

一柳慧/交響曲第8番─リヴェレーション2011         室内オーケストラ版

現代音楽に取りついたイメージを払拭してほしい。一柳慧:交響曲第8番─リヴェレーション2011 室内オーケストラ版 紛うことなき現代音楽作品である。僕は一柳の音楽は(本人の演奏による)ライブで聴いたことがある。高橋悠治と「不屈の民」で知られるジェフス…

現代音楽の寵児・リゲティ/エディション3

「現代音楽の寵児」実際リゲティは、度々このように紹介されます。聴いて楽しめる現代音楽とも言える。リゲティという名を初めて聞いたのは高円寺のライブハウス「ペンギンハウス」に出演した時だった。「懐かしく、遠くなってしまった世界だなぁ」と思うけ…