ピアニスト・タカの脱線CD評

FLAT122キーボードとして活躍・ピアニスト・タカ音楽評

アンドレマルケスは、ブラジル音楽だけでは括れない!

ブラジル・ジャズシーンの先鋭ピアニストを聴いてみる

本作は、ジャズピアノトリオの編成となります。アンドレマルケスは芸風が多彩で形容に若干困るところがあるのです。ブラジル音楽のイメージで本作を聴くと異質な感じを受けるのは間違いのないところ。僕は比較すれば、その幅広い音楽性が余すところ無く楽しめる6人編成のスタンスを評価しますが、聴きやすく、取っ付きやすいのは本作と思います。僕がこのアルバムを買った理由は2つあります。ひとつは偶然通りかかったYoutubeで聴いた(見た)オリジナルの内容に共感を持った事。特にピアノの左手がその役割を十分に発揮したアレンジには、ブラジル音楽やジャズというよりは、間違いなくクラシックの素養を感じさせるところであり、実際ピアノソロアルバムではそれが顕著なのであります。そして2つ目は、リズム隊に最近僕が最も気に入っているドラムのブライアン・ブレイド、ジャズシーンでは説明不要の超絶技巧ベーシストであるジョン・パテトゥチが名を連ねているというところです。
これは、Youtubeでも確認出来ておりましたが、この二人のアプローチにも相当な期待を持っておりました。
結論から言えば、本作にこの二人を入れてアンドレマルケスの音楽として煮詰めるには少々時間が不足していたことは否めない印象です。何しろテクニックがあるので、乗り越えちゃっておりますが、この二人だから何とか形に出来たのかな?という作品が散見されます。特にブライアン・ブレイドは、そのダイナミクスと音楽に寄り添う天才的な瞬発力を持つドラマーですが、その驚異的な音の幅が通常と比較して1/3程度に狭まった印象で、彼としては珍しく平坦な演奏に感じられます。チックコリアから自己ユニット、数多のセッションで活躍する彼であってもアンドレマルケスの作品には少し面食らうところがあったように思います。また個人的見解ではありますが、彼のドラムの良さを前面に出すのであれば、思い切ってテンポ設定を見直す配慮が必要だったのかも知れません。まあ、、しかし作曲家の側面が強いこの天才的なピアニストの持ち物に同情票などあろうわけがない。
アンドレマルケスの音楽アプローチは譜面で細かく追い込むところがあり(推測ですが、まず間違いなく)尚かつ、ジャズシーンではあまり見受けられない現代的な感覚を前面に出すところがあります。その現代的なアプローチは本作でも堪能出来ますが、流石にこれはピアノソロでの演奏となります。僕は上記でふれたピアノの左手に特長を持たせたM3.COALHADA、そしてピアノソロのM7.FERRABENSが本作を支える柱と思います。特にピアノソロは興味深く、これは"現代音楽の寵児"とも呼ばれるリゲティの影響が色濃く、その根底を支える「セリー理論」と相まって、本作の音楽内容を一層際立ったものにしていると思います。
僕の個人的な好みからすると、ピアノの音質には疑問があります。彼が別途リリースしているピアノソロアルバムのような音がほしかった。その質感をこちらに持って来たからサウンドが纏まるか?と言えば、録音がそう簡単なものではないのは分かっておりますが、ピアノは決してハイファイなサウンドだけで成立しているものではなく、実は野暮ったい部分があり、ゴリッとした質感、ピアノの各部から発するノイズをもう少し拾っても良かったように感じます。それによって、むしろ響きとしてはキレイにまとまり、リズムセクションとの間にスッキリとした間を空けることが可能になったという気がします。
本作には、ジャズ・フュージョンよりももう少し柔らかく主張する作品も入っており、全体としてはカラフルな造作です。もう少し聴き込んで行くと、聴き逃していたセンスに気が付くことでしょう。その時は得意の加筆・修正とまいりましょうか。